• 放射光物性研究室

    BLー12グループ

    Vacuum-Ultraviolet Circular Dichroism Spectroscopy

    メンバー

    松尾 光一 准教授

    泉 雄大 助教

    熊代 宗弘 (B4) 

    BL-12グループでは、真空紫外円二色性(VUV-CD)分光法を用いて、水溶液中における生体物質の立体構造を調べています。CDは、左右円偏光の吸収に差が生じる現象で、光学活性を持つ物質構造の違いや変化を敏感に反映します。そのため、水溶液中のタンパク質、糖類、DNA等の生体物質の構造解析に適しています。BL-12は、真空紫外領域(~140 nm)までCDスペクトルが測定できる国内唯一の放射光ビームラインです。私たちは、この放射光装置を用いて、構造生物学、糖質科学、放射線影響学、アストロバイオロジー(生命の起源)などの様々な分野の研究に取り組んでいます。